雨漏りの原因

外壁、またはバルコニーやベランダにヒビなどはありますか?
そのようにヒビができている所、塗装が剥がれている所がある場合、それは雨漏りの原因になりかねません。

雨漏りは天井の裏や壁のすぐ裏、または壁の隙間にまで水が浸透していなくては発生しません。
ですので、雨漏りの原因はやはり家屋の外部にあることが多いです。
雨漏りの原因となりやすいヒビを見つけた時には、早めに工事を行うようにして雨漏り対策をしてください。


屋根の雨漏り原因

屋根は雨漏りが発生した時でなければ普段は上りませんので、その原因に気付きにくいものです。
雨漏りの代表的な原因の一つに天井にできた"浮き"があります。
棟板金は屋根を繋ぎ合わせる役目を持った物で、それが何かしらの原因で屋根から離れてしまうと"浮き"が生じます。その隙間から雨水が入ることで屋根の中に雨水が浸入、雨漏りの原因になります。
その棟板金を固定するためのクギが浮いてしまっても同様に雨漏りの原因になるでしょう。

また、スレート屋根材が浮いてしまうと雨漏りの原因になります。
スレートというのはスレート屋根のことで、薄い板状の屋根材の事です。
雨漏りは屋根の老朽化なども原因になるでしょう。ルコニーに仕上げることが出来ます。


瓦屋根の雨漏り原因

瓦屋根の家屋にお住まいの方の中で、雨漏りがし始めたと思ったら、第一に家屋の老朽化、そして瓦のズレが原因だと思ってください。
重たい瓦ですので、風などを受けてもズレることはあまりありませんが、地震などの自然災害に弱いのが欠点です。
その地震が雨漏りの原因になる場合があります。

もしも瓦にズレが見つかった場合、それが雨漏りの原因になることがあります。
ズレの他にも、漆喰が崩れているということも雨漏りの原因にもなるのです。
漆喰は瓦などの接着のために使われるものですが、これが崩れると隙間から雨水が入ったり、瓦がズレる可能性があります。

それぞれの修繕方法と業者に任せるメリット

バルコニーや外壁が雨漏りの原因の場合、ウレタン工事や塗装を施してヒビを埋めます。
屋根が雨漏りの原因の場合、棟板金と、その下にあるヌキ板と呼ばれる物を外して、いずれも新しい物を取りつけます。鉄製のクギはステンレス製に変更します。

スレートが浮いている場合は、コーキング材で接着させることで雨漏りの原因を埋めます。
棟板金の撤去は素人には難しく、なおかつ屋根上での作業になりますので怪我の原因になりかねません。だからこそ業者に依頼をすることが望まれるのです。

瓦のズレが雨漏りの原因の場合、瓦を取り外して敷き直すことでズレを改善させます。
漆喰崩れが雨漏りの原因の場合、漆喰を塗り直すという作業になります。しかし、使用する漆喰選びはなかなか難しく、自ら作業を行う時には漆喰選びで失敗をしかねません。
業者に依頼をすることで、きちんと自宅の瓦に合った漆喰を用意してくれるので安心です。

自分で施工をするよりも、業者に頼むことで長期間雨漏りを防ぐことが可能です。
雨漏りの原因が分かったら、すぐに業者に依頼をすることをおすすめします。



サイト内検索

営業時間

お問い合わせ業務

9:00~20:00 

 

定休日

・土日祭日もお問い合わせ業務行っております。

・ご予約いただいた工事は土日祭日も行うことができます。

 

 

お問い合わせ

株式会社スペース・ラボの   facebookページ
株式会社スペース・ラボの   facebookページ
「職人革命会」に加入しました。
「職人革命会」に加入しました。
スマートサービスさんと提携しました。
スマートサービスさんと提携しました。